■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■プロフィール

uzu.

Author:uzu.
 食と健康の事を考えていたら、切れない包丁は栄養素を逃がすことを知って、切れる包丁を使いたい。切れる包丁で料理をしたい。と言うことで、研ぎの世界の門をたたきました。
 厳しい修行を経てどうにか研ぎ師の免状をもらいました。
ネギが切れる、トマトが切れる。千切りが上手になった。と喜んでもらえると、嬉しいです。
 横浜在住で、食・生活アドバイザーでも有り、はまふぅどコンシェルジュでもあります。地産地消にも興味有り。22年から「濱の料理人」という会の会員になりました。
地の物が美味しくて、身体にもいい。料理は簡単で、楽しくしたい。
職人と言うにはまだまだだけど、みなさまの声援を勇気に、日々修行、日々精進。少しでも良い刃が付くように努力しています。

■choime

■リンク
■ブログランキング

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ブログランキングに参加しました。励ましのワンクリックをお願いします

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■FC2ブログランキング
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ご訪問ありがと
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ありがとうございました
 今年も残すところあとわずかになりました。

いろいろと悩みましたが、市外への出張流し研ぎサービスはH24年12月27日をもって、終了させていただきました。
長い間ご愛顧いただきありがとうございました。

研ぎを通していろんな勉強をさせていただきました。
いろんな方との出会いが、いろんな事を知る事になったのです。

会社を辞めて10年。
研ぎ屋になりたくて、会社を辞めた訳じゃ無い。
が、数年前から頭の中をよぎっていました。

研ぐことは嫌いじゃない。

でも、このままでいいのか。

こんな時代だからこそ、やりたいことが有ったらやるべき。
私が会社を辞めたのは…

でも、でも
沢山のお客様が私を待っていてくれる事を考えると、なかなか決断がつきませんでした。
しかしながら、身体がどんどんと出張研ぎを拒否し始めました。
行くのが辛い。

そして、やっぱり、こんな時代だからやりたいことをやろう。
やりたいことがあるのは、いいことだ。

と、言う事で6月に決断しました。
半年の間に、皆さまにご挨拶をしました。

最初は、困るわ。と言われるのですが、私の心境と、今後の事をお話しすると、納得していただけました。

こんな時代だもの、やりたいことはやるべきよ。
何か応援することが有ったら言ってね。とまで。

なんとも嬉しい事です。

横須賀の最終回は、12月と言う事も有りますが、大変な量の研ぎ物が届きました。
とても2日間では研ぎきれません。
史上最高の本数でした。
寒いし。

寒くて石が凍ってました。

石が凍った

寒くても、暑くても、良くやってました。
自分でも感心です。

そして、ご新規のお客様の多い事。
なんでだろうと、思いながらも、出来ない物は出来ない。
手で研ぐには限りが有るのです。

複数本お持ちになったお客様には、どれか1本でお願いします。
などとお断りする事になって。
せっかくお持ちいただいたのに。

申し訳無いことです。

それでも、研ぎ終わってお渡しすると、
ありがとうございました。無理にお願いしてごめんなさい。

と言われた時に、悪いのは私なのに。
わがままの研ぎ屋は私なのに、申し訳無いのは私なんです。

本当に、私のお客様はいいお客様ばかりでした。
感謝、感謝です。

最後の最後にこれだけの本数を研がせていただけて、ありがとうございました。

横須賀は先輩に頼み、国府津はこれから対策を考えます。
一度、切れ味を味わってしまったら、それは中毒です。
その気持ちはよーくわかります。

それでも、私は私の行く道を選びました。
9年
そう、私の人生の周期は3年です。
研ぎも9年
これも何かの時期です。

ありがとうございました。


スポンサーサイト
お知らせ | 16:23:14 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。