■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■プロフィール

uzu.

Author:uzu.
 食と健康の事を考えていたら、切れない包丁は栄養素を逃がすことを知って、切れる包丁を使いたい。切れる包丁で料理をしたい。と言うことで、研ぎの世界の門をたたきました。
 厳しい修行を経てどうにか研ぎ師の免状をもらいました。
ネギが切れる、トマトが切れる。千切りが上手になった。と喜んでもらえると、嬉しいです。
 横浜在住で、食・生活アドバイザーでも有り、はまふぅどコンシェルジュでもあります。地産地消にも興味有り。22年から「濱の料理人」という会の会員になりました。
地の物が美味しくて、身体にもいい。料理は簡単で、楽しくしたい。
職人と言うにはまだまだだけど、みなさまの声援を勇気に、日々修行、日々精進。少しでも良い刃が付くように努力しています。

■choime

■リンク
■ブログランキング

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ブログランキングに参加しました。励ましのワンクリックをお願いします

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■FC2ブログランキング
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ご訪問ありがと
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
南太田フォーラムの前
今日は、南区は南太田に有る、南太田フォーラムの前。
地場野菜市にジョイントと言ったら大げさだけど、呼んでいただきました。美味しい野菜は、切れる包丁でもっと美味しく。のコンセプト。
地場野菜 新鮮野菜

野菜の試食を切れる包丁と、切れない包丁で切りくらべたり、食べ比べたり。
国産レモンを薄切りにして、皮ごと食べたら美味しい。

完熟トマトもサクサク切れる。出来るんですよね。切れ味がいいと。
完熟トマトはちょっと皮が固かったので、むいたらびっくり。桃のようにむけたのでした。

その完熟トマトで、夏野菜スープを作ったら美味しい。
野菜だけの水分で出来ました。

南太田フォーラムこんなイベントに参加するのも楽しい。
研いでくれるのですか。
包丁は売ってないのですか。
次回も来ますか。包丁持ってきます。



なかなかいい反応。次回が楽しみ。

南太田フォーラムでの地場野菜市は、毎月第三金曜日 12時から16時まで


スポンサーサイト
ここで研いでます | 22:11:56 | Trackback(0) | Comments(0)
夏が近づいたから?
 昨日と今日は、逸見での実演。
梅雨の前のいい天気。だったが、火曜の暑さは今年最高だったせいか疲れた。
疲れたのは、お客さんの数も有る。
先週の国府津でも沢山のお客さんが来ていただいたが、ここも今月はリピーターの方にご新規の方。沢山のご依頼ありがとうございました。

それにしても、土曜の疲れがまだ取れていなかったのかなぁ。
終わった頃にはヘロヘロ。

翌日は、昨日あれだけ来たから、もう、無いかなぁ、と思っていたのだが、そこそこのお客さん。
なにやら、冗談か本気か、使って欲しい、なんて話をしていくおじさんもいたりして。

昨日は、水晶のブレスレットを忘れたせいか。今日はそれほど疲れず、無事に一日が終わる。


今日のuzuさん | 21:51:36 | Trackback(0) | Comments(0)
国府津にて
今日は、国府津の「ちえのわハウス」さんでの仕事。http://homepage1.nifty.com/odawara/
毎月第2土曜はセールの日。その日のイベントとしてお声を掛けていただきました。

先日の打ち合わせの後に、チラシとポスターを送って、それを店の方が配ってくれました。お店の通信にもHPにもしっかりPRされて。

国府津という土地柄、研ぎ屋は受け入れてもらえるのだろうか。
農家や漁師さんが沢山いるのだろうなぁ。

お店の方にも気を遣って頂き、もしも、お客さんが来なかったら。と
スタッフの方も包丁を持って来てくれました。

10時から開店の準備。小雨が降ったりでちょっと天気が心配。空が明るいから大丈夫。

ちえのわハウス店頭 最初は、同じビルのパソコン教室に行かれているからの包丁。
そして、近所のおばあちゃんが包丁と花ばさみを持って来てくれた。
包丁は、お待ち頂いてお返し。


そうこうしているうちに、若いお客さんが数人やって来ました。
若いお客さが、包丁の切れに興味がある。これは私に取っては嬉しいこと。
ちえのわハウス 最終的には、どこよりも若いお客さんが来てくれたのでした。
皆さん、複数本お持ちくださる。

スタッフの方の包丁はいつ出来るのだろう。終わりの時間が限られているので、ちょっと不安になってくる。


東京から友達も包丁を持って駆けつけてくれた。

スタッフの方とはとにかく、1本だけでも研いで、切れ味を知ってもらいたい。
時間をいただいて、閉店時間30分過ぎに、全て研ぎ終わった時には安堵。

それでも、片付けているときも、もうだめですか?などと数人のお客さん。

こんなに盛況とは予想もしなかった。過去最高の本数を研いだ私。
よくもこれだけの本数が研げた。と自分をほめたりして。

心配なのは、最後までちゃんと切れ味のいい包丁として研げたんだろうか。
肉体的にも精神的にもけっこう疲れる。知らず知らずに、いい刃が出来ていなかったらどうしよう。などと言う、不安もある。

それでも、心地よい疲労感。包丁も1本売れて。良かった良かった。

最後に1日の実演では新記録です。とスタッフの方と喜びを分かち合いました。
盛況につき、3ヶ月後。9月の第2土曜の開催も決定しました。

朝はお客さんが来てくれるか不安だったのに、まさかこれだけの方が来て頂くとは思ってもいなかった。

帰りは雨が本降り。でも、なんか心も身体も軽かった。
皆さま、ありがとうございました。お世話様でした。


ここで研いでます | 21:49:39 | Trackback(0) | Comments(0)
小声
いつからだろう。人が小声で話さなくなったのは。

個人情報、個人情報っていうけど、大衆の真ん中で大声で話すことが、個人情報のばらまきとは思わないのだろうか。

外にでたら、小声で話す。が私の普通感だけど、今は普通ってラインが随分と個人差があるようだ。

電車の中、喫茶店、ファミレス、携帯電話。
周囲に人がいることに気付かないのか、それとも聞こえてもいいのだろうか。
まるで小学校の遠足の中に入り込んでしまったよう。

あっちからもこっちからも、話し声が聞こえる。
聞きたくなくても、バンバン私の耳に入ってくる。

電車の中では、同行者に聞こえるぐらいのトーンで話したり、込み入った話しはしないのが私の普通感だ。

喫茶店だって、2つ置いたテーブルでは何かを話しているなぁ。ぐらいのトーン。
そのトーン。そう、それが家の中でも、外でも同じ。他人がいようがいまいが、自分たちの世界。

先日友達に家に寄らせてもらった。そこには、黒ラブ6歳のノンちゃんが家の中で家族同様に暮らしていた。

盲導犬にもなるくらいの種ゆえか、なんともおりこうさん。
こちらの言うことをしっかりと聞いている。

その、ノンちゃんが「ワン」とやると、家中に響くし、ご近所にも迷惑。
それで、最近覚えたのが「小さいワン」
鼻先に好物を見せられて「ノンちゃん、小さいワン」と言うと、まるでため息のようなワンをする。なんとも可愛い。

ワンコだって、区別できるのよね。小声。

万人が耳が遠くなったのだろうか?だから小声では聞こえないのか。

今日のuzuさん | 09:26:05 | Trackback(0) | Comments(0)
目と耳
 今日は蒔田のNORAさんでの仕事。
陽射しもきつくて暑かった。ここは西向きに近いので、これから先は日焼け、暑さ対策を考えないと。

事務所の前にポスターを貼ろうが、チラシを置こうが、やっぱり実演することが何よりの宣伝。
人が動いていると、目に耳に訴える事が出来る。
立ち止まる人、声を掛けてくれる人。
今日は、チラシを作ったので、配ってみた。
本当は、事前にチラシをまけばいいのよね。と分かっちゃいるのだが…

5時からの野菜市にも、今日はお客さんが多かった。
トマトやキュウリ、ピーマン。夏野菜が美味しくなって来たし。

やっぱりこの季節は、みんな行動的になるのかなぁ。

今日のuzuさん | 22:47:59 | Trackback(0) | Comments(0)
鶴間にて
24日の仕事の後は、ちょっとお休みをしていたので、10日ぶりの仕事。
今日は鶴間の「とと菜とっと」さん。
お弁当や総菜を作っているところ。

24センチや30センチの大きな牛刀がメイン。
久しぶりの仕事で、長いのが多かったのでちょっと疲れたかなぁ。

これで、皆さまの仕事が楽になったらいいなぁ。
少しでも長切れするようにと思うけど、業務用で頻度が高い。
どのくらい持つのだろうか。
気になるところ。


今日のuzuさん | 22:06:57 | Trackback(0) | Comments(0)
突然に終了
金沢文庫の「珈琲の木」さんでの仕事が突然に終了してしまった。
お客さんに告知も出来ずに。
せめて、今月の実演はさせて欲しいと頼んだのがだ、だめだった。

マスターと喧嘩をしたとか、仲違いしたわけではない。
場所を提供していただく身としては、もう嫌だ。と言われれば仕方ない。
ついていただいた、お客さんにはほんとうに申し訳ない。
店の前に張り紙一枚では、私の気が済まない。
時間を見て、何かしらのご連絡はしないと。


4年前に預かり方法で始めて、その半年後から店の前での実演。
いろんな事が初めてだったのに、周りの方の応援をいただいて、毎月できた事はありがたかった。

丸1年続けられた時は本当に嬉しかった。
寒い冬も立って。指先が凍った様にいたかった。
お客さんは1人しかいないときもあったけど、春になって、寒いときも頑張っていましたよね。と言われた時は、寒さと戦って立っていたのは無駄じゃなかった。見ていてくれる方はいたんだぁ。
こんな時に立つのも宣伝、宣伝。と思っていたのが、報われて嬉しかった。

しかし、その寒さの反動が、春先になって身体に出て来て、せっかく休まずに続けて来たのが、風邪を引いたり、ぎっくり腰になったりで2ヶ月ほど休んでしまった。

それからは、寒いときは無理せず外での仕事は休もう、と1月から3月は預かりだけにして。


いろんな方から声も掛けていただいたし、勉強もさせていただいた。
先も分からないのに、取次をしていただいた、マスターにも感謝。
珈琲の木で取次をしてもらったから、その先の仕事も出来たし、取次店を増やすことも出来た。
あの時、取次の話が出なかったら、今の私はどうして居ただろうか。
そして、大家さん、肉屋さん。毎回気に掛けていただき、ありがとうございました。

研ぎ屋さんに出会えて良かった、と言われたときも嬉しかった。
お客さんの事を考えると、この先どうするか。

来ていただいた、お客さんのところに私から伺うと言うのも、なかなか難しい。
どこかに場所が有るといいのだが。
ボチボチと考えるしかないかなぁ。



今日のuzuさん | 22:13:07 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。