■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■プロフィール

uzu.

Author:uzu.
 食と健康の事を考えていたら、切れない包丁は栄養素を逃がすことを知って、切れる包丁を使いたい。切れる包丁で料理をしたい。と言うことで、研ぎの世界の門をたたきました。
 厳しい修行を経てどうにか研ぎ師の免状をもらいました。
ネギが切れる、トマトが切れる。千切りが上手になった。と喜んでもらえると、嬉しいです。
 横浜在住で、食・生活アドバイザーでも有り、はまふぅどコンシェルジュでもあります。地産地消にも興味有り。22年から「濱の料理人」という会の会員になりました。
地の物が美味しくて、身体にもいい。料理は簡単で、楽しくしたい。
職人と言うにはまだまだだけど、みなさまの声援を勇気に、日々修行、日々精進。少しでも良い刃が付くように努力しています。

■choime

■リンク
■ブログランキング

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ブログランキングに参加しました。励ましのワンクリックをお願いします

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■FC2ブログランキング
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ご訪問ありがと
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
世間は年度末
今年は桜が一斉に咲いたので、公園を歩くと、ほのかに桜の香り。
ほんわか、いい感じ。

今日が会社にいれば、年度末、本決算だったなぁ。
忙しかったなぁ、あの頃。
人間関係にも挟まれ、ストレスも沢山。人をどうやて動かすか。とか。心身ともにめちゃくちゃだった。

今は、その当時と比べれば、ストレスも少ないし、人間関係で悩むこともないし。
その分実入りも無いけど、あんまり気にならない。
ボーナスはストレス、人間関係のご苦労さん賃。って実感してるし。

給料日やボーナス支給日には、あまり思い出さないが、決算日にはなぜか会社を思い出す。
それだけ、大変だったと言うことかなぁ。

でも、今月は私も開業以来の売上でした。
よく働きました。疲れました。
この2,3月は人との縁で人間は生きているなぁ。と思ったのです。
いろんな人と出会い、いろんなお話をして、勉強にもなったし。
感謝、感謝の毎日でした。

 2月に私の仕事と夫の仕事をドッキングさせて法人化したのですが、その花道の様に私には仕事が来ました。
幸先の良いスタートが切れて、良かった。と思ってます。

 さて、来月はどうなるかなぁ。
地道にやって行くしかないなぁ。とは思っているけど。


スポンサーサイト
今日のuzuさん | 18:05:33 | Trackback(0) | Comments(0)
横浜市 金沢文庫駅近く
水温む春を通り越して、初夏?
砥箱の水は温かく、妙な感じの日でした。

珈琲の木
 今日は金沢文庫の「珈琲の木」さんでの仕事。写真を撮るのをすっかり忘れてしまったので、随分前の写真でのご紹介です。

店のHPも紹介します。場所はここで確認してください。
http://www.coffee117.com/

ここは東向きで、冬場は10時頃には陽が陰って非常に寒い。風も冷たい。
最初の年は、寒くても立つのが宣伝塔と真冬でも月に1度立ちました。寒いとお客さんが来ない。来ていただいても2本も研ぐと、手が凍ってしまう。

 お湯を使ったら?と言われるのですが、使ったら、今度は砥箱から手が出せない。ぬるい温泉状態で出られないのです。水道水が温かく暖かく感じるのですから。何度も水を替えました。辛い仕事でした。

 その上、冬の無理がたたったのか、春先に不調になり、4,5月と仕事が出来なったりして。
 それでも、春に、「冬の寒い日にも頑張ってやってましたね」とお客さんに言われたときは、やっぱり宣伝にはなったんだぁ。と、ちょと自己満足でした。

 その後は、寒いときは無理せず、と言うことで、1月から3月は休みにしていましたが、今年は暖かかったので3月から再開しました。

金沢文庫 久しぶりに立つと、顔見知りの方が。暖かくなったものね。と声をかけてくれます。嬉しいですね。気にしていただけると言うことは。
 これも、随分まえの写真です


 実演でその日の仕上がりは、毎月第4木曜 10時から15時まで受付ですが、毎週木曜集荷、よく木曜にお届けの預かり方式もやっています。
 でも、月に1度立つようになってからは、預かりはめっきり減りました。やっぱり、その場で出来上がる方がいいのですね。

横浜市金沢区谷津町148 岡本ビル102

07年5月をもちまして、ここでの実演は終了しました

ここで研いでます | 22:44:49 | Trackback(0) | Comments(0)
切り方いろいろ
 ここのところ、公私ともにバタバタしていて、結構疲れていました。
週末も家事やら、溜まっていた雑用をすませて、殆ど家から出ませんでした。
 昨日まで4日間は、お休みとして、花見やら温泉やらで癒して来ました。

 で、今日は午後から仕事。

 包丁の切り方、使い方、っていろいろ有るんだなぁ、と実感したのでした。

 研いだ早々に切れなくなった。と言われるのは、力の入れすぎでまな板に埋まって、刃が反っくり返っていることが多い。
 研いだばかりの時は、刃が鋭いので、力を抜いてください、と言っても、身体が覚えているリズムなので、急には変えられないのだろう。

 物を切るときも、包丁をただ真下に落とすだけ。少しも前後させない。これで、いい場合も有るけど、やっぱり、前後して切った方がいいだろうな。

 切った物を、鍋やボウルに入れる時に、包丁にまな板をこすり付ける。確かに、そうだ。きれいに取れる。
 でも、研いだばかりの包丁だとどうなるんだろう。

 いろんな、切り方、使い方を、見ていると、研ぎ方もいろいろ考えないとなぁ。

 やっぱり、日々勉強、日々研究なんだなぁ。

今日のuzuさん | 21:44:58 | Trackback(0) | Comments(0)
お袋の味
 今日は宮崎台での仕事。さすがに地下鉄と、田園都市線にはエレベーターもエスカレーターも有って、そんなに苦労せず移動。

 今日はお総菜とお弁当を作っているところ。スタッフは全員女性。パワフルです。
 使っている包丁も家庭の包丁だし、メニューもお袋の味、って感じ。
手作りで家庭の台所で作っているっていう料理のお総菜なら、いいなぁ。
 どこのだれがどんな風に作っているか分からない、料理は怖いけど、ここなら安心。

 午後から、事務所の一角をお借りしての研ぎ。すぐそばで、料理をしているので、研いだ物はすぐに使ってもらって、使い勝手や、雰囲気が聞けるので、私としては、やりがいがある。

 ちょうど蓮根を切っていた方に研いだ包丁を渡す。蓮根やゴボウでは、そんなに違いは感じられないかなぁ。
 不安になりながら、戻って見るが、まな板の音は変わっている。

 葉物やトマトなどを切ってもらうと、その違いは一目瞭然なんだが…

 鶏肉の皮が結構大変らしい。それにしても、今までの刃では随分と大変だった事だろう。

 まな板の音を聞くと、切れ方が分かる。最近そう思うようになりました。
 
 研いだ包丁をお客さんがどのように使うか。どうやって切るのか。
それを知ることは凄い勉強になるのです。
 今日みたいにすぐそばで使ってもらうと、本当によく分かる。

 にんじんの型抜きをしていたのだが、それが随分と大変そうだったので、ちょっとだけ、型抜きをいじって見ました。研ぐというわけでは無いけど、もう少し入り方が良ければ、きっと切るのも楽だろうと。

 試してみたら、さっきよりスムーズに入る。これで少しは違うだろう。


 ここで、1月に紹介いただいたところには全部訪問できた。
女性のパワーに圧倒され、いろいろ勉強にもなりました。

 これで、この切れ味を気に入っていただき、またのご依頼が有ることを願い、皆様方の仕事が少しでも楽になって、美味しいお袋の味が出来る事を祈っています。

 人との出会い、縁を感じた2ヶ月でした。


今日のuzuさん | 22:15:24 | Trackback(0) | Comments(0)
仲間のブログ
 仲間の先輩にもブログを作ることをお勧めして、今日はその設定。
私と同じfc2を使ってもらえば、後々の質問にも答えられるだろう、とやってみました。

 人に教えると、自分でも勉強になる。
ちょっと、欲をかいて、いろいろとやってしまたので、頭が混乱している事だろう。

しかし、アクセス解析のタグを入れたら、テンプレートが壊れてしまったのはなぜだろう。

選んだテンプレートに寄っては大丈夫なのだが。

私のタグをコピペしても直らない。
不本意ながら、最初に選んだのとは違うテンプレートを使ってもらうことにした。

家に帰って、見てもらったが、悪いところはなさそうだ。
どうして、壊れてしまったんだろう。

不思議だ




今日のuzuさん | 22:46:01 | Trackback(0) | Comments(0)
バリヤフリー化
今日は本厚木まで行って来ました。ケアセンターの厨房です。
ここも、女性が元気一杯に働いていました。

切れる包丁を使うことで、仕事の効率が上がり、身体の負担も減り、美味しい料理が出来ることを願って帰って来ました。

厚木まで来ると、目の前には大山が見えるし、空は広いし。
横浜からそんなに遠くないのに、なんか、いい感じ。

今日は駅からもそんなに遠く無かったので、良かったのだが、相鉄線も小田急もエレベーターが無い。上りのエスカレーターは有っても下りがなかったり。
相鉄の横浜駅は、反対側のホームだったし。知らないと、駅の中をウロウロしてしまう。
 そんな事でウロウロすると、乗れる電車にも乗れなくなってしまう。

 海老名駅は、相鉄から小田急へ昇るに何も無かったので疲れた。今は改装中の様だが、エレベーターが付くのだろうか。

 この前の新横浜で懲りたので、今日は目の前が階段だったら、わざわざエレベーターは探さずに、階段を使った。でも4箇所の駅を上り下りすると、仕事をする前から疲れてしまう。

 ここ数年で、バリヤフリー化と言う感じで、上下のエスタレーターやエレベーターが使えるようになったけど、それまで身障者の人や大荷物の人は大変だったことでしょう。

自分が大荷物を運ぶようになってから、階段だけしかない。事に気付くようになったのです。それまでは、エレベーターが有ったとしても、見向きもしなかった。

 前に一度、上りのエスカレーターを止めて、下りになって、車いすの人が下りてくるのを見たことが有るが、その前は、駅員さんが二人がかりで車いすを運び上げていた。

 最近は、エレベーターも増えてきたせいか、ハンディーのある人が、自由に出掛けられるようになってきたが、まだまだ思わぬところで、身動きが出来ないことも有るのだろう。

しかし、ここ数年のバリヤフリー化の勢いは凄い物がある。

私がこの仕事を始めた時と比べたら、荷物運びが凄く楽になって来た。
15キロ近くの道具運びは楽じゃない。

でも、まだ最寄り駅には、階段しかない。早くに付いてくれないかなぁ。
しかし、どうやって作るのかも、ひとつの楽しみ。


今日のuzuさん | 23:43:58 | Trackback(0) | Comments(0)
女が研ぐのかぁ
この仕事を始めてから、何回か言われた言葉です。
いいのか、悪いのか。

研ぎ屋さんと言うと、年寄り、おじいさん。で男の人のイメージなんですね。
街角に座って、段ボールかなにかに、墨で{包丁研ぎます}なんて書いてぶら下げたりして。

研ぎ屋さんが来てるからって来たんだけど、「女かぁ。」と言ったまま、私の前に立って、ずーっと、「女かぁ、女かぁ。」って、包丁を1本研ぐ間、前に立って見ていたおばあちゃんもいました。

最後に、バックから花ばさみを出して、「これも研げるか。」と差し出されて。
その後は、そのおばあちゃんは、私が行くのを心待ちにしてくれてますけど。

やっぱり、特にお年寄りには、研ぎは男、ってイメージが強いのでしょうか。
若い方には、今は男も女も無いものね、とあまり気にはならないよう。
友達のお母さんは「女研ぎ師だね。凄いね」と言ってくれましたが…


女だから得したこともあるかもしれない。

でも、手を見せろ。と言われたり
砥箱の中をしげしげと覗かれて、「なんだ天然砥は使ってないのかぁ」と言われたりもするんです。

研ぎの知識の有ることを言われて、いろんな質問をして、私をためそうとしたり。

きっと、男の研ぎ屋さんなら、言われないのだろうなぁ。

天然砥を使ったら、この値段じゃ研げないですよ~
家には何本か有りますけど、車は持ってないので、重たく大きな石は運べないから~
と言ってみたり。

まぁ、いろいろ方がいらっしゃる。
でも、箸にも棒にも引っかからなかったら、声もかけてくれないだろう。

逆にいろいろと教えてもらったりも出来る。

昨日も庭師の方とお話をして、プロの方がどんな風にはさみを研ぐかとか、どうこだわっているか。なども聞けたし。

青紙のはさみだけがいいとは限らない。白紙がいいときもある、とか。

芽の剪定にはどんな刃を付けたはさみで落とすか。などなど。

きっと、私だからお話ししてくれたんだろうな。と思うのです。

女だから、気楽に呼んでいただけたり、呼ばれた先で一緒にご飯を食べたり。
なかなか、楽しい。

最初の頃は、女かぁ、と言われて、女が研いじゃいけないのか。なんて顔で笑って心で言ってたけど、最近はあまり気にしない

そうでしょう、珍しがられますよ。

なんて言いながら

ご家庭の包丁は基本的には女が使うから、女が研いでもいいかなぁ、と思いましてね。などと言っている。

自分に気負いが無くなると、お客さんもいろいろ素直にお話をしてくださる。

何でも勉強、修行。経験値が上がらなければ、次のステージへは行かれないのだし。

人と出会えて楽しいし、切れる包丁を使ってもらって、喜んでもらえるには、何より私が嬉しい。

ご縁が有って出来る仕事だなぁ、と最近は強く思っています。

今日のuzuさん | 22:40:18 | Trackback(0) | Comments(0)
研いでますか?
 私は、外で仕事をするときには、なるべく通りを歩いている人に声をかける。
「おはようございます、いい天気ですね」
「おはようございます、風が冷たいですね」
黙って、通り過ぎる人もいれば、「おはようございます」と返って来る時もある。

怪訝な顔で、どこからいわれたのか、と探す人。
条件反射で、挨拶をする人。

土地柄も有るのかかもしれない。

挨拶をしながらこちらを見てくれたら、「包丁は研いでますか?」となにげにいったりする。
それで、乗って来れば、「昔はお父さんが研いだわね」とか、いろいろな返事。

やっぱり多いのは「ほら、シュッシュッ、ってあれでやってるわよ」
簡易研ぎ器の事を言う人が多い。

「だけどね、あれもすぐだめね、ねぎやトマトを切る前に、シュッシュッよ」

「そうですね、あれは刃先のボロボロを取るだけですからね。でも、変に使うと、刃が波の形になるので、先から元までちゃんと当ててくださいね、それで、年に一度くらいちゃんと刃を付けてもらってくださいね。あを使い続けると意外と刃が無くなりますから」

などと話したりする。

包丁は毎日使う物なのに、いろいろ知らないことが多い。
私もこの世界に入って知った事が多い。

道具は手に馴染むから使いやすくなる。包丁はけっして使い捨ての物ではない。って分かって欲しいわ。手入れをして、末永く使って欲しいです。



今日のuzuさん | 21:26:49 | Trackback(0) | Comments(0)
横須賀市逸見
 昨日と今日は、逸見のグラニュー&グランプス(G&G)さんの店頭での仕事。
このお店はホームウェアーを手作りで売っている。私のあのサーモンピンクの作務衣もここで作ってもらったのでした。

 「逸見」はいつみではなく、「へみ」 です。JRの横須賀駅にも歩いて行けるところです。
 ここは、近くに公共施設が多く、人通りは多い。その上、裏通りなので車は殆ど通らないので、私の商売としてはとてもやりやすい。

 晴れれば一日中、ポッカポッカ。お日様の恩恵はありがたい。
 今週は、冬の戻りと言うより、冬が来た。って天気でしたが、久しぶりに2日間とも晴れたので、気持ちよい時間でした。腰のカイロが暑いくらい。

G&Gの店頭 こんな感じで、店先を借りての店開き。この日はまるで研ぎ屋さん?ってな感じになるのですが、店の方々の暖かいご支援を受けて、我が物顔で仕事をさせてもらっています。


 相乗効果、と言うか、私が店頭にいることで、気軽に「この店は何を売っているんですか?」
と聞かれることが有るので
「どうぞ、どうぞ、お時間が有ればご覧になってください。エプロンやホームウェアーを売ってますから。ご自分に合ったサイズのエプロンはどうですか?」
と店に誘導も出来る。

仕事してます 私としても、研ぎの日にちが合わないお客さんは、この店に預けてもらう。来たときに研いで、お客さんには都合にいいときに取りに来ていただく。
 なんとも、お互いにいい関係になっているとは自分では思っている。


 場所は 横須賀市東逸見2-2 毎月第2火曜、水曜に店頭を貸してもらっている。
 受付は10時半から3時頃まで  冬場は日が短いので2時半頃
 受付の状況に寄っては変わります。

 駅からも数分の距離。目の前は公園。郵便局も近くにあるし。横須賀市の健康推進センターや生涯学習センターなどに行くときの通り道になっているので、いろんな方が通る。

 今どき、研ぎ屋が珍しいと、立ち話をされていく方も多々あり。
私も一日いろんな方とお話が出来るので楽しい。

 今回は珍しく2日間ともいい天気。お客さんもボチボチ。リピーターの方も増えてきて、なんともありがたい。


ここで研いでます | 21:08:24 | Trackback(0) | Comments(0)
大根がまっすぐに
切れない包丁って、悪い包丁? 私の包丁ってだめな包丁よね。

いやいや、そう決めつけないでください。
それは、包丁が悪いのではなくて、刃の付け方が悪いんだと思います

と話した。

普通にご家庭で使っている包丁は、殆どが両刃の包丁。諸刃ともいいますけど。
その刃の研ぎ方なんです。

確かに、この時期の太い大根が斜めに切れてしまうと、せっかくのふろふき大根も、おでんも、作るのが嫌になっちゃいますよね

で、今日は実験をしてみました。

実は、年末に、どこの包丁よ、この切れない包丁。って言うほど自分の包丁が切れなくなって…
紺屋の白袴のごとく、自分のはなかなか研げない。ついでに研ごうと思うと、忘れ去られる。

 もう、どうしようも無くて、ある意味適当に研ぐ。それが、見事に大根が斜めに切れる包丁になってしまった。ここまで切れなくてもいいんじゃない、ってぐらい斜め。やっぱりそうだよね、あの研ぎ方じゃなぁ。やっぱり、そうか。と妙に納得。

 辛抱強いというか、あきらめがいいというか、今日までその包丁を使っていました。

 一昨日、大根の話が出たので、やっぱりちゃんと実験して納得しないと。って事で今日は久しぶりに研いだのでした。

 お客さんのを研ぐのと同じように、誠心誠意気持ちを込めて研いだのでした。
刃の振り方にも気を遣って。

 そして、直系10センチはあろうかの大根に入刀。

やりました、まっすぐです。1センチ幅の大根輪が切れたのでした。
やっぱり、刃は伊達に付けるんじゃないのよね、ちゃんと役割が有るのよ。と今更ながらに納得。

日々勉強、日々修行のuzuさんでした。


今日のuzuさん | 23:16:31 | Trackback(0) | Comments(0)
嬉しい日だ
 久しぶりに朝日を浴びるランドマークを見上げた。

昨日の方々に会うためにやって来た。本当にいいのだろうか。今頃気が変わって無いだろうか。と思いながら、動く歩道を歩いていると、携帯に連絡が入った。よかったぁ。

持ってください。持ち味が気に入った物。感じがいいのを選んでくださいね。
値段はその次です。高いからって自分にいい包丁とは限りません。ご自分との相性ですから。


次に値段を見てください。値段も気に入ったら、それに決めましょう。高くても安くてもだめ。自分と有った値段がいいです。

どんなに高い包丁を買っても、にぎりが気に入らなかったり、重さが気に入らなかったり、でも、高いからいい包丁だろう。と思って買っても、きっとその包丁は使われないのです
そんな包丁が流しの下に無造作に差し込まれてないですか?

せっかく買ったのに使わないのはもったいないですよ。道具は使ってなんぼの物です

道具は手に馴染んで使いやすくなるのだと思います。
だから、100円で買って使い捨てるより、道具に愛着を持って使っていただく方が、きっとお料理も美味しくできると思うのです

と、皆さんに5種類の包丁を手にとってもらった。
それぞれが感じ方が違う。そう、それが当たり前なんです。

お迎えが来るまでの、つかの間の時間で包丁を選んでいただきました。
出会ったのが縁だから。包丁が欲しいな、と丁度思っていたのよ。と言われた。

出会いは出会うべき人と出会うと言うが、ほんと人との関わり合いとは不思議な物。
袖すり合うも多生の縁どころか、まるで旧知の様にして、買っていただいた。嬉しいです。

結局はみなさま同じ包丁を選んでいただ来ました。普段から多数の在庫は持っていないので、至急取り寄せて、最後の刃を付けて郵送することで、ご了承いただきました。

朝早くから来てもらって。と逆にお礼まで言われて、恐縮しながら帰ってきました。

秋からこちら何やら仕事が好調な私。嬉しいけど、落とし穴に落ちないように、有頂天にならないように、地道に頑張ろう。
ある意味、ここ数年耕して、種を蒔いた畑に芽が出て来たのだろうか。やっぱり商売はあきない。牛のよだれのように、ながーくながーく、焦らずに飽きずにやることなんだろうか。

今日は横浜市内の観光だという。楽しい想い出を作っているかなぁ。楽しんでくれたかなぁ。
横浜市民としては気になるのでした。

今日のuzuさん | 23:11:54 | Trackback(0) | Comments(0)
出会いは不思議だぁ
今日は、渋谷でフラメンコを見たのです。私がフラメンコと出会うなんて。秋に出会った人の紹介です。世界一のフラメンコダンサー。
最初は、猫に小判、豚の真珠って感じで価値が分からなかったけど、後半にカスタネットとギターで踊りが始まったときは、これこそがフラメンコと感激しました。

このフラメンコとの出会いも縁だけど、その前に時間が有るからと、渋谷にある事務所を訪ねた。ここの方とも秋に出会って、一度事務所を訪ねて見たいと思っていて、やっと実現。
 はまふぅどコンシェルジェの講座の時にお世話になった会社なのです。
WAN研究所http://www.wan-ken.com/index.htm

 そこを訪ねたら、なんと、山形の農家の女性達が、やっぱりWAN研を訪ねて来てました。私は一応アポを取って訪ねたのですが、まさか先客さんがいらっしゃるとは。

と、言う物の、私は3時の約束。先客さんは3時半の約束だが、15分には着いていたという。私は渋谷での降り口を間違えて、道に迷い、着いたのが20分ぐらい過ぎていたので、ぶつかってしまったのでした。

 私もその席に同席させてもらって、自己紹介もさせてもらって、WAN研さんの話やら、農家の話やら聞かせてもらいました。
偶然にも有意義な時間をいただきました。

 なにげに今日の宿泊先を訪ねると、みなとみらいのロイヤルパークホテル、要するにランドマークだという。
 あらら、わが家から見えるんですよ。いいですね。

「研ぎ屋さんって、包丁も売っているのですか?」と聞かれたので、「ハイ、売ってます」「それじゃ、包丁が欲しいわ、おみやげにしよう」などと言われ。「エー、いいんですか?」

「明日は市内観光で9時半に出掛けるから、8時半にホテルの来てもらえる」てなぐあいに話はトントン拍子に進んで…

 それでは、明日の朝。と言うことでお別れしました。
彼女たちは今夜はナイトクルーズでディナーだという。

 しかし、私が道に迷わなければ、彼女たちが早く来なければ、出会う可能性は低かったのに、出会ったのです。

 出会いは何かの縁だから、いいのよ。買いたいのよ。と複数の方が言ってくれた。ありがたい。
どこに縁が転がっているのか分からないのです。
 感謝感謝


今日のuzuさん | 23:39:51 | Trackback(0) | Comments(0)
地場野菜です
今日はもっと天気が良くなると思っていた。

午後からは南区のNORAさんで仕事です。
今日は上り旗をもって行くのを忘れた
こんな時に限って、噂を聞いて、探し探し訪ねてくれるお客さんがいるんです。
ポスターも見えにくくなっていたし、ほんと探してくれてありがとう。でした。

しかし、ここNORAさんは昨年の11月から始めて、それも入口に実行日のポスター1枚貼っただけ、その上、まだ寒いので、前回初めて外で研いだけど、いつもは事務所の中。それなのに、そこらで噂になっているなんて、なんと嬉しいことでしょう。

暖かくなったら、近所にチラシをまきましょう、と思っているのですが。
なんか、ここに来るといつも元気をもらう。

さて、今日はNORAさんの中庭で、毎週火曜の5時からのNORA野菜市の紹介です。神奈川産の新鮮野菜が、買えます。その上安いんです。一度食べたら、やみつきです。
新鮮野菜は美味しい

店開き 
 4時半頃に三好さんはやってきて、中庭に野菜を並べます。日が長くなったので、最近は店開きの時間には明るいです。



太い大根 ほうれん草と小松菜
 三浦の青首大根は太くて重かった。煮物とサラダにしても、1/5くらいしか使わない。食べでが有るなぁ。
 ほうれん草も、さっと湯がいて、鰹節と醤油だけで美味しい。甘いんです。
ほうれん草をより美味しく茹でるのは、沸騰したままの湯で茹でる事をお勧めします。
と言うことは、一度に茹でないで、何回かにわけてさっと茹でます。水にさらさなくても、エグミはないですよ。


国産レモンです 初物のトマト

 なかなか、手に入らない国産のレモン。輸入レモンはいろいろ怖くて買えない私です。
トマトは、初物でいい色です。中まで赤い。枝に付けたまま熟すことが出来るのは、地の物をそこで食べられる、地産地消だから出来る。遠くからやって来るには長い流通経路を通って来るので、枝で熟した物を出荷したら、到着する頃には、それこそグジュグジュですよね。
このトマトが、なんとも美味しかった。トマトの味。って感じです。これからは毎週出てくるそうです。
 私はトマトとかはあまりかわなかった。だって、スーパーで買うトマトで美味しいに出会った事が無かったから。


雨が降って来て天気予報が外れて、暗くなって来たら雨。慌てて、車での営業に切り替えました。

 
NORAさんの場所は、横浜市南区宿町 2-40 大和ビル



はまふぅどコンシェルジュ | 22:30:56 | Trackback(0) | Comments(0)
私もなにかしなくっちゃ
今日は凄い風だった。みなとみらいのパシフィコへ行ったら、出たところで風で吹き飛ばされそうだった。普段からビル風が吹くところだから、なおさら凄い。
雨が降ったら傘なんてさせないだろう。帰りまで降らないでね。とお願いする。

JA横浜 地域農業振興推進大会に行ったのでした。これは昨年にはまふぅどコンシェルジュになったので、こんな機会にも案内が来ます。

はまふぅどコンシェルジェは講座を受講して、横浜市からいただいた資格です。地産地消を推進したり、横浜の食と農を紹介したり、食べたり。なんてね。

横浜というと、シュウマイとか、みなとみらいとか、商業都市を思う浮かべますが、農業だってちゃんとやっているんです。

小松菜の出荷量が日本一。って知ってました?

私も知りませんでした。驚きでした。
都市型農業では、日本の中でも参考にされると言います

野菜、お米、植木、養豚、牧場。この都市の中にあるんです。
そんなところを見学したり、農家の方とお話をしたり、直売所のお手伝いをしたり、地物野菜で料理をしたり。そんな体験をしていただいた、資格です。

その時に一緒に受講した方が、このJAの大会で、小学校の給食と地産地消の事例発表をされたんです。
それを見ていたら、私もなにかしなくっちゃ。と強く思ったのでした。

とりあえずは、去年の受講レポートをおいおいに書いていこうと、思います。

今年度も、きっと募集をするでしょうから、ご興味のある方は、ぜひともはまふぅどコンシェルジュになって、横浜の食を勉強して、紹介して、もっとみんなに知ってもらいましょうよ。

はまふぅどコンシェルジュ | 19:57:17 | Trackback(0) | Comments(0)
犬山での日程が決まった
 今日は、久々に家から出なかった。
午前中はぼーっとしていた。
午後は、溜まっていたメールを書いたり。

そして、今日は、犬山での仕事の日が決まった
昨年の秋は手首の痛みでお休みした、犬山出稼ぎ。
手首、腕の痛みは、まだ不安が残るが、待っていてくれるお客さんがいるという。
何か元気出て来たなぁ。

春は、犬山祭。その前に研ぎに立つのが恒例になりつつ。
今年は4月4.5.6日 
3日連続で研ぐのは結構しんどいのだが、家事をやらないので、それがありがたい。
普段は中3日ないと、次の仕事が辛い。今回はどうなるか、やっぱり不安だなぁ。
まぁ、頑張るしかない。

祭は7日、8日。
13基の車山の練り歩きに、からくりは、高山祭より壮大だと私は思っている。

西王母の前これは、17年秋の写真。こんな感じでやってます。ここで、作務衣を着て仕事をしていると、妙にこの町の雰囲気に馴染むらしいです。

この町に嫁いだ友達の店で仕事をさせてもらうのだが、仕事をする前から、毎年の様に犬山を訪ねて、この町が好きになっていた。町を歩くと、なぜか癒される。なぜか、力が沸いてくる町なんです。
 町の人にも親切にしてもらって、年に2回のペースで行っているが、毎回私を待っていてくれるお客さんがいることは、本当に嬉しい。






ここで研いでます | 23:37:17 | Trackback(0) | Comments(0)
霧が丘へ
ここのところ、ご紹介の客先へ行く。今日は、霧が丘。十日市場からバスに乗って5分ほど。
この重たい荷物を持って、バスで来た、と言うと驚かれるが、営業車を持つほど稼ぎは無いのだ。
マンションの駐車場は3万はするし、ガソリン代、保険、点検代を考えると、車で廻ったら足が出る。

だから、車の着いたキャリーにお世話になっている。店舗もないので、家賃はかからない。だから、どこへでも出掛けていく。家賃、その他の経費を考えたら、運賃は安い物です。

駅にもエレベーターやエスカレーターが出来て、バリヤフリー化も進んでいるし。
でも、まだまだ下りのエスカレータの無い駅が多い。上りの階段より、下りの階段の方が重い荷物を持った時は怖い。

十日市場も、上りのエスカレーターは有ったが、下りはない。現在工事中。

今日は市営地下鉄の新横浜で乗り換えたが、この駅も下りのエスカレーターがない。エレベーターを求めて、ウロウロ。遠い。ホームと改札をジグザグに端から端まで歩いてしまった。
こんな事なら、抱えてホームに行けば良かったか。

新横浜の駅が変わっていて、ここでもグルグル歩いてしまった。駅ビルが完成するのは来年だと言うが、それまではいろいろ変わるんだろうか。

今日は午後からの仕事になった。自分で研いでいる人、簡易研ぎ器を使っている人。いろいろ。
自分で研いでいる人は、私がどのように研ぐのか興味が有るようだ。
私はどこへ行っても、出し惜しみなく、研ぎの話をする。
基本は、切れる包丁は料理が楽しい。だから、切れる包丁に興味を持たれると、何でも話してしまう

そして、今日の場所は依頼の店の人以外にも人が出たり入ったり。ついでに営業もして、そして、食の話までしてしまった。

今日も指も切らずに楽しく仕事が出来たことに感謝。



今日のuzuさん | 23:25:47 | Trackback(0) | Comments(2)
世の中は花粉騒ぎ
2月の始めに、花粉を感じて喉が痛くなった。咳もくしゃみもでて。
外で仕事をしたので、思いっきり花粉を吸い込んでいたようだ。
その後、世間で、花粉花粉と騒ぐようになったら、私の症状は軽くなって来た。
でも、やっぱり花粉は感じるので、外出時にはマスクは欠かせない。

今日は、午前中は確定申告のまとめ。昼は先週預かった研ぎ物の納品で、横浜の東口へ
そして、また2本預かって来た。感謝感謝。

ついでに、近くのベイクォーターなる物を見学。よさげな店が有ればランチでも、と思って見たが、どこもいいお値段で…
とても手が出ません。

今日のuzuさん | 22:15:37 | Trackback(0) | Comments(0)
世の中はネット、ネット
テレビを見ていると、何でもネット検索。パソコンが無ければ始まらない、って感じ。
パソコンを持っていない場合はどうするんだろう。
携帯で検索よ。って言うけどさ。それさえも操れない人はどうするの。

なんて考えてはだめなのね。

使える使えないは別にして、パソコンを持っている人は沢山だし。
何かしようと思ったら、タウンページで探したのは、今はもう昔の話。
さがしものはパソコンで。だものね。

研ぎ屋だって、お客さんとの出会いを求めて探している。
研ぎたい人も研いでもらいたい人もいるけど、出会えないのが現状。
その出会いを、ネットで求めるのが時代の流れと思う。

と、仲間内に提案してみた。

何とか賛成を得たので、今日は打ち合わせ。
何とかしないとなぁ。


今日のuzuさん | 21:36:18 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。