■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■プロフィール

uzu.

Author:uzu.
 食と健康の事を考えていたら、切れない包丁は栄養素を逃がすことを知って、切れる包丁を使いたい。切れる包丁で料理をしたい。と言うことで、研ぎの世界の門をたたきました。
 厳しい修行を経てどうにか研ぎ師の免状をもらいました。
ネギが切れる、トマトが切れる。千切りが上手になった。と喜んでもらえると、嬉しいです。
 横浜在住で、食・生活アドバイザーでも有り、はまふぅどコンシェルジュでもあります。地産地消にも興味有り。22年から「濱の料理人」という会の会員になりました。
地の物が美味しくて、身体にもいい。料理は簡単で、楽しくしたい。
職人と言うにはまだまだだけど、みなさまの声援を勇気に、日々修行、日々精進。少しでも良い刃が付くように努力しています。

■choime

■リンク
■ブログランキング

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ブログランキングに参加しました。励ましのワンクリックをお願いします

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■FC2ブログランキング
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ご訪問ありがと
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Y150に参加
横浜では、横浜博Y150と言うイベントを開催しています。
横浜開港博Y150

ベイサイトはいろいろ広告されていますが、実はヒルサイトというのもあるんですよ。
市民団体が参加なんだろうか。
全体像はよく把握していない私です。ごめんなさい。

ヒルサイト詳しくはこちらで。

私が関わっている、よこはま里山研究所 NORAでも参加するのです。

竹の海原で7月28日から8月3日まで。

山から切り出してきた、竹を切って、裂いて、編んで。
かざぐるまの玉をあみました。
そして、それを完成してもらうワークショップです。

かざぐるま


そして、29日には、ライブもあります。
13時半からです。

私は3月から、時間の有る限りこの風車の玉を編みました。
完全になれた頃は、出来上がりました。

27日は搬入。
無事に出来ますように。


スポンサーサイト
イベント紹介 | 11:29:16 | Trackback(0) | Comments(0)
第7回 伊勢佐木・地モノ市
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 第7回 伊勢佐木・地モノ市 ■
http://www8.ocn.ne.jp/~satoyama/topics/jimonoichi.htm

日時:2007年11月18日(雨天決行) 11:00?15:00
場所:伊勢佐木町5丁目 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

地モノ市は、神奈川の田園風景を守るために開催する「市」です。

大都市横浜を抱える神奈川県。都市というイメージが強いかも知れませんが、
海・山・川に恵まれた多様な環境では、その土地に合った農業が各地で営ま
れています。

地モノ市には、環境になるべく負担のかからない農法で、土づくりりにこだ
わり、美味しくて安全な農産物を育てている生産者の野菜が並びます。

地モノ市の目的は、地元の人が地元の物を利用するきっかけをつくる事。
「地モノ」を選ぶ人が増えることで、農業により維持されている田園風景が
守られることを目指して、地モノ市を開催します。

■--------内容(作物の生育状況により変わる可能性があります)--------■

◆神奈川県内産の地モノ野菜の販売
神奈川ミカン、レモン、神奈川のお米(白米、玄米)
にんじん、里芋、ブロッコリー、青首大根、ほうれん草、
ターツァイ、春菊、キャベツ、レタス、サニーレタス、
ルッコラ、こかぶ、長ネギ、サラダだよなど
◆地モノカフェ
何がでるかは未定
◆里山の恵み販売
にわか職人の竹細工
大岡川の桜を使った木工ワークショップ(予定)
◆包丁とぎ実演 埋橋真弓さん(研ぎ師・食生活アドバイザー)

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ 
ブログランキング参加しました



イベント紹介 | 20:54:10 | Trackback(0) | Comments(0)
指名買い
 毎月第三金曜は、南太田フォーラムの前で産直地場野菜市が開かれます。
神奈川産の野菜にこだわっています。

 旬の野菜を扱うので、その美味しさは抜群。一度買ったお客さんは、もう他のトマトは食べられない。と言っています。

 全部が無農薬ってわけではないけど、路地でしっかり育った物は負けない。
その上、大型農家が作っているわけじゃないから、農薬の量が違う。
農薬を極力使わない生産者や使わない生産者もいます。

 農薬を使う方に力を入れるのではなく、土作りに力を入れているようです。
しっかりした土からはいい野菜が生まれる。
 減農薬低農薬。これが当たり前なんです。

 大規模農家では、いつもの農薬を増やしてから減らして、減農薬。などと言っているとも聞きます。
 農薬を使わなければ、労働も大変だし、せっかく作った物が売り物にならない場合も有るのです。リスクは大きい。
  だから、その努力は凄い物です。でも、時に全滅してしまう野菜も有ると言います。
台風だって怖い敵です。

 でも、きっと農家の皆さんは美味しい物を生産したい。と思っているのでしょう。

 化学肥料漬けになった土は死んでいる。死んでいる土からいい物は生まれるわけはない。
いのちをいただいていのちをつないでいる。だから、いいいのちをもらいたい。
そして、そのいのちを大事にしたい。

 ここで開いてもうじき2年でしょうか。
段々と知名度も口コミで広がってきて、お客さんも増えています。

早いうちに来ないといい物がなくなる。と開店そうそうから会計場には行列が出来ました。
ここのトマトが美味しいって、来てみたの。とか、前回たまたま通りかかって買ったら、美味しかったので、今日の日を待っていたのよ。

美味しい野菜をみんなは求めている。
青いうちに収穫されて、箱の中で赤くなるトマトより、赤くなってから収穫しとトマトの方が、太陽の恩恵を受け美味しいに決まってる。

みどりナス 完熟トマト


中には完熟トマトが軟らかすぎる。なんていうお客さんもいますが…

とにかく、凄いのは指名なんです
長谷川さんのカボチャがいい。
小沢さんのトマトがいい。キュウリがいい。
今野さんの空芯菜がいい。
お客さんの好みもあるので、買うときにちゃんと名前を見ているんですね。

JAの規格外、でも規格外の方が美味しい物もあるんです。
こんなに大きいズッキーニーは見たことが無かった。
でも、中味をくりぬいて味付けして乗せて、オーブンで焼いたら美味しそう。

名前の書かれた野菜立ち トウモロコシより大きいズッキーニー


小さな子どもに、試食をしてもらうと、お母さんが驚くほど食べるんです。
あら、この子こんなにトマトが好きだったの。キュウリが好きだったの。と。
子どもだって美味しいのは知ってるんです。

 私は包丁の研ぎと試食担当。子ども達が美味しそうに食べるのを見ていると嬉しくなる。

研ぎと試食


随分前に収穫されて、冷蔵庫に寝ていた野菜より、収穫して間もない野菜の方が美味しいのです。

但し、カボチャは収穫して直ぐより、1週間ほど転がした方が美味しいそうです。
旬は直ぐに去ります。
カボチャだっていろんな種類が有るから、長い間店頭にあるのです。
今日の長谷川さんのカボチャはもうじき無くなります。
クリカボチャがいいといっても今はないです。
これが旬なんです。一番いい時期の物は美味しいのです。
だから、今日の長谷川さんのカボチャは、固めに蒸してから冷凍保存をするといいそうです。

食べ方、保存のしかた。一番美味しいことを知っている方々が教えてくれるのがまたいいんです。



イベント紹介 | 17:31:34 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。